1. HOME
  2. シスター ルース 森 の執筆記事

ニュース

投稿者: シスター ルース 森

春 風

シスター ルース 森

 1月も終わりに近づいたころ、ずっと以前に私がクラス担任をした一人の卒業生から、寒中見舞いの葉書をいただきました。まるで春風を感じたように心が明るくなり、戸外へ春を探しに出かけてみたくなりました。   私の住む修道院を南… 続きを読む

要石(カナメイシ)

シスター ルース 森

要石(かなめいし)   米国ミズーリ州セントルイスにある私たちの修道院に滞在していたとき、ミシシッピー河畔の国立公園に建てられているセントルイス・ゲートウエイ・アーチを見学したことがあります。かつて人々が夢と希望をいだい… 続きを読む

月食

シスター ルース 森

月食   思いがけなく、11月19日に、「ほぼ皆既月食」と呼べるという、140年ぶりの深い月食を、東山の山稜ちかくに見てから、日没後の空をみあげて、月の所在や星々を確かめるようになりました。私たちの地球をめぐるこの月に、… 続きを読む

ネジ花

シスター ルース 森

ネジ花   各地に大きな被害をもたらした降り続く雨の日々がやっと終って、美しく晴れた朝、久しぶりに修道院の庭にでた私は、その思いがけない光景におどろかされました。陽のあたる湿った草地に育つというラン科のネジ花が庭いちめん… 続きを読む

「ご復活」

シスター ルース 森

「ご復活」   教会はキリストの復活をこころから喜びいわう、6週間の復活節を終えたところです。私はキリストの受難と復活を思いおこす日々をすごしながら、ふと、私が入会したころ、修道院に「ご復活」とよばれた料理があったことを… 続きを読む

コスモス

シスター ルース 森

コスモス   先日ラジオをつけると、3,4人の若いママたちの話しあいのようでした。子供のことが話題で、場は明るい雰囲気です。1人が「私の心を打った幼い子供の言葉を書きとめておけばよかったと、後で思うことが度々ある」といい… 続きを読む

「父親なら手を離さないよ」

シスター ルース 森

「父親なら手を離さないよ」   先日、ぐうぜんテレビをつけると、ずっと以前にみた「ドクトル・ジバゴ」という古い映画をしているようでした。ロシア革命前後の動乱期をいきた、医者で詩人のユーリー・ジバゴの数奇な人生と愛を描いて… 続きを読む

松露(ショウロ)

シスター ルース 森

松露(ショウロ)   最近、珍しいキノコが私たちの食卓にものぼるようになりました。キノコに傘があるのは、傘の内側のひだにできる胞子がぬれるのを防ぎ、傘の形から上昇気流をつくって、胞子をできるだけ遠くへとばして繁殖するため… 続きを読む

水仙

シスター ルース 森

水仙   私のすんでいる修道院の2階の廊下に、床までとどく60センチ幅の細長い明り取りのようなガラス窓があります。毎日、何度も目をやる、奥まったその窓からは、中庭の片すみが細長く切りとられて見えるのです。その景色の真ん中… 続きを読む

みなしごハッチ

シスター ルース 森

みなしごハッチ   2009年に、私たちの修道会のホームページに「シスターの散歩道」というサイトができました。シスターたちの折々の思いや祈りを分ち合うサイトで、はじめに一言、あいさつのことばを書くとき、私がシスターになっ… 続きを読む