1. HOME
  2. ニュース

ニュース

輝き

シスターアン・ミリアム木村

旧約聖書のお話です。「イスラエルの民を導いたモーセはシナイ山で神様とお話しをしました。モーセが山から降りて来たとき、その手には、二枚の板がありました。神様から頂いた掟です。モーセは山から下ったとき、自分が神と語っている間… 続きを読む

雪の日

シスターメリー・パトリシア久野

その方は金沢に嫁ぎました。 金沢での最初の冬のある朝、一面の銀世界に驚き、ご主人を玄関先で送るとき思わず言ったそうです。「まあ、きれい」と。すると、ご主人の手が頬に飛んできました。「今から出かけようとする人の気持ちを考え… 続きを読む

新年

シスター ルース 森

明けましておめでとうございます。 実家から真っ白い富士山が見えます。 その富士を背に、海岸に面したところに水族館があります。そこには赤や青、緑色をしたとてもきれいな海月が暗い水槽の中で泳いでいます。あの青い海月を一つ二つ… 続きを読む

シスターアン・ミリアム木村

「樹」  1976年度5年生20組の皆さん、いかがお過ごしですか。  32年前の皆さんの声が、今、私の前にあります。覚えているでしょうか。そうです、1976年11月20日学習発表会、シュプレヒコール「樹」の録音テープです… 続きを読む

笑顔が運ぶクリスマス

シスタージュディス鎌田

クリスマスまであと10日となった日曜日、たくさんの笑顔に出会いました。ノートルダム女学院ボランティアスクールのクリスマスパーティーです。 今年は33回目、勿論第1回からスクールをサポートして下さった「車いすと仲間の会」の… 続きを読む

シスターメリー・パトリシア久野

種 ‥‥子供たちが目を輝かせて言いました。「これ、柿の種?これもらおう。」「これ、リンゴ?リンゴなる?」「チューリップの球根! 欲しい。」まだ、小さくて汚れた種や球根でしたが、それぞれの持っている美しい可能性が見事に開花… 続きを読む

神の葦笛

シスターアン・ミリアム木村

 待降節が始まると、きまって開く古びた本。それは、1944年、ニューヨークで発行された Caryll Houselander 著「THE REED OF GOD」です。  その本の最初の項目は、Emptiness(空―か… 続きを読む

東京の「よきサマリア人」

シスタージュディス鎌田

95歳になる母が転んで怪我をしました。同居の姉が美容院に行った間のことです。郵便でも取りに出たのでしょう。玄関を出て門までのことでした。 どれぐらい時間がたっていたでしょうか、通りかかった見ず知らずの青年が声を掛けてくだ… 続きを読む

待つ

シスターアン・ミリアム木村

昔、幼かったころ、帰りを待って母が用意してくれるおやつの中に、火鉢に網を載せて、その上で焼く「かきもち」がありました。大寒の季節に入るとお餅をついて、それを薄く切り、かわかします。それを網の上で焼くと、ぱりぱりした「おか… 続きを読む

待降節が始まりました!

シスタージュディス鎌田

「あなた方は賜物に何一つ欠けるところがなく、私たちの主イエスキリストの現れを待ち望んでいます。主も最後まであなた方をしっかり支えて、主イエスキリストの日に非の打ち所のない者にしてくださいます。神は真実な方です。」なんと言… 続きを読む