1. HOME
  2. ニュース
  3. 2020年

ニュース

年: 2020年

シャロームだより49

 2020.12.18 クリスマスは、神の子イエスが私たち全て、そして創られたもの全てと 悲しみ、苦しみ、喜びを共にするため 赤子としてこの世に来られたことを祝う日です。 今年はコロナパンデミックで世界中が苦しんでいます… 続きを読む

学びの家の活動

聖書深読 主イエスキリストをより深く識るために、主日の福音を時間をかけて、ご一緒に読みませんか? カルメル会の奥村一郎神父様の考案された「聖書深読法」を使用しています。 聖書の言葉を神のお言葉として聴き、聖書解釈ではなく… 続きを読む

みなしごハッチ

シスター ルース 森

みなしごハッチ   2009年に、私たちの修道会のホームページに「シスターの散歩道」というサイトができました。シスターたちの折々の思いや祈りを分ち合うサイトで、はじめに一言、あいさつのことばを書くとき、私がシスターになっ… 続きを読む

傾聴ボランティア活動

騒音に包まれた社会にあって、安心してお話していただける空間をご用意して います。お話しされた内容については守秘義務を厳守しています。 コロナウイルス感染を配慮して、直接対面の傾聴でなく、電話、オンライン、メールなどを通し… 続きを読む

2種類のサボテンとの出会い

シスタージョアンナ徐

   サボテンの中でも、時々、どちらがどちらかと見間違える花にシャコバサボテンとカニサボテンがあります。両種とも、一年前から私の部屋の住民となりました。   シャコバサボテンことクリスマスカクタスとは35年前、… 続きを読む

ヨガ教室

  今年4月から11月にかけて、月1~2回ずつ、7人~8人が小竹藪町修道院二階に集まりヨガを行っています。   コロナウイルスによる、自粛期間中、 運動不足になりがちな日々、簡単なヨガを通して、呼吸、姿勢、適度の運動を組… 続きを読む

追悼ミサ

11月14日(土)、ノートルダム教育修道女会 岩倉修道院に於いて、一場 修神父様(マリスト会)の司式で、帰天した姉妹方・アソシエートを偲ぶ 『追悼ミサ』が捧げられました。 ノートルダム教育修道女会日本ミッションが始まって… 続きを読む

秋によせて  ~ 読書の季節 ~ 

シスタージョアンナ徐

 「灯火親しむの候」となり、秋の夜長は読書が最適だと小さいころ、父が私たち家族に話してくれたことを思い出します。   中学生の頃、教会の図書室は私の知識の宝庫のようでした。毎週日曜日、教会から借りてきた本を手あたり次第読… 続きを読む

若い母親の落ち着き

シスタージョアンナ徐

 先週の土曜日、京都駅から修道院に帰るバスの中で一つの出来事に出くわしました。私だったらその時どう対応するだろうかと考えさせられる場面だったのです。 京都駅から9人の女性客がこのバスに乗車しました。烏丸七条から幼い女の子… 続きを読む